板金プレス加工/試作/設計

正幸産業 株式会社

>加工提案

構成・設計データ入力

より優れた完成品をめざして、いかに効率良く、また美しく仕上げるかを検討しながら、各部品は各種加工分野に応じて最良の完成度を求め、データとしてコンピュータに入力されます。

外形・穴抜き加工

入力されたデータに基づく加工の第一段階である外形・穴ヌキ加工では、様々な材料を仕上がりや作業効率などの要素に従い、レーザーマシンやタレットパンチプレス機により、寸分のくるいも無く外形・穴ヌキされます。

曲げ加工

外形・穴ヌキ加工された各部品は、用途に応じて各種の曲げ加工機により大きな筐体加工から、小物曲げ加工まで、曲げ順序や金型設定・材料条件等のもと、自在に美しく加工されます。

組立

ここまで加工されてきた部品は、いよいよ組立て作業に入ります。作業は主に溶接によって行われ、ここでも作業効率や仕上り等の諸条件に基づき、ロボット溶接機、半自動溶接機、スポット溶接機等によって組立てられます。

塗装

最終の仕上げ作業は塗装になります。ほぼ全自動化されていますが、細部にわたるまでより美しく仕上げるため我社の熟練された社員の手によって焼きつけ塗装がほどこされます。

出荷

ここまで、各部所において細心の注意と最高技術のもとで加工された完成品は出荷検査後、輸送中の振動やゆれなどの悪条件にも品質が損なわれない様に、点検、保護処理がされ、出荷されます。